Welcome

動く瞑想!アシュタンガ・ヨーガ

ヨーガは99%の実践と1%の理論

アシュタンガヨガ 正式にはアシュタンガ ヴィンヤサ システムは、ポーズの順番がラジオ体操のように決まっていて、各ポーズと呼吸が連動しているヨーガです。

アシュタンガ・ヨーガは創始者シュリ・K・パタビジョイス師がその師クリシュナマチャルヤと共同でヨーガ・コールンタという古い教典を訳し、ヨーガの体系を整えたものです。一連のポーズ(アーサナ)に呼吸バンダドリシュティを共に用いることで「動く瞑想」状態を実現するのです。

順番が決まっているので、インストラクターのカウント(基本サンスクリット語)に合わせてポーズをとる「レッドクラス」と、自分のペースで行う「マイソール」クラスがあります。

ポーズが決まっているので、ある程度覚えると自宅や旅先でもできたり、また、世界共通なので、世界各地のアシュタンガ・ヨーガのスタジオでも何ら違和感なく練習することができます。

アシュタンガ・ヨーガのポーズの構成

プライマリーシリーズ:身体浄化が目的のビギナーコースですが、これが全部できれば十分です。前屈系の柔軟性が極大化するイメージです。

インターミディエイトシリーズ(セカンドシリーズ):神経浄化が目的の中級者コースです。後屈系の柔軟性が極大化します。

アドバンスシリーズ:神の領域です・・・